Top >  納めた税金の行方 >  税金の使い道

税金の使い道

私たちが支払った車の税金は、

どのように使われているんでしょうか。


まず、自動車税ですが、

自動車税は、都道府県税の普通税になっています。


都道府県税の普通税って何なんでしょう。


税金にはもう1つ、目的税というのもあって、

これは、何をするかちゃんと目的がある税金です。


なので、各都道府県が、この税金をどのように使うか

決めてから使うので、都道府県によって使い道が違います。


でも、この自動車税は、都道府県に入ってくる税金の

約10%にもなってるので、大切な税金です。


次に自動車重量税ですが、その4分の3が国に、

残りの4分の1が市町村に配分されます。


国に割り当てられた重量税はその8割が道路を作ることに使われ、

市町村も、重量税で道路整備をしています。


この道路ですが、高速道路などではなくて、

あくまで一般の道路になっています。


自動車取得税も、

各都道府県や市町村の道路整備に使われます。


こうゆう自動車重量税や自動車取得税は、道路を作る!

という目的が決まっていますよね。


こうゆう税金が目的税になります。


自動車取得税は約7割が県から市町村に割り振られて、

道路整備に使われています。


最近この道路を作るためのお金が、違う事に使われている

なんていうニュースが多々流れていますが、

本来はこういう使い道をする為の税金です。


私達の大切な税金、正しく使ってほしいですよね!!

         

納めた税金の行方

車を買ったり維持するためには、
いろいろな税金を払っています。
その税金はどのように使われているんでしょうか。

このカテゴリ内の記事


税金の使い道









Yahoo!ブックマークに登録