Top >  自家用車と営業用車の税金 >  営業車の自動車重量税

営業車の自動車重量税

運送業などの届出をした営業車の

自動車重量税はいくらくらいでしょうか。


営業車とは緑・黒ナンバーの車です。


自動車重量税は、車を買ったときと、

車検の時に支払いますよね。


支払いは次の車検までの年数分支払います。


自家用車は新車を買ったとき、次の車検は3年後、

それから2年ごとに車検を受けますよね。


でも、営業車の場合は、新車を買って次の車検が2年、

それから毎年車検になります。


毎年車検ー!?と思いますが、

運送業は距離も1年で相当走りますからね。

仕方がありません。。


なので、新車を買った時は自動車重量税を2年分、

それからは毎年車検の時に1年分を払います。


金額ですが、自家用と同じく

車の重さが500kg増えるごとに違ってきます。


500kg以下で1年間で2800円、

それから500kg増えるごとに2800円づつ

金額が上がっていきます。


バスの場合は、1トンごとに区切られていて、

1トン増えるごとに2800円高くなります。


トラックの場合は総重量が2.5トン以下だと、

新車で買っても2年間で2800円。

(これも1トンごとに区切られていますが)


次の車検の1年分でも2800円ごとに

なっています。


自家用の場合は、500kg以下でも

1年間で6300円です。


自動車税もそうですが、自動車重量税も

自家用より営業用の方が安くなっています。

         

自家用車と営業用車の税金

同じ車でも、自家用と営業用で税金が違います。
どのくらいの差があるのでしょうか。

このカテゴリ内の記事


営業用の車とは?
営業車の自動車税
営業車の自動車重量税
営業車の自動車取得税









Yahoo!ブックマークに登録