Top >  車の税金はいくら払うの? >  自動車取得税

自動車取得税

自動車取得税は、

車を買ったときにかかる税金です。


その自動車取得税は、いくら払うのでしょうか?


自動車所得税の税額は、

自動車を買った価格の5%の金額です。


営業用の自動車と、軽自動車の場合は、

買った価格の3%の金額になります。


買った価格といっても、車本体の金額

だけではありません。


車を買った時に、カーナビを一緒に買ったり、

サイドバイザーをつけたりしませんでしたか?


もし、追加でそういったものを取り付けた場合、

その分も入れての合計金額で計算します。


例えば、100万円の車を買って、20万円の

カーナビをつけたとすると、


120万円の5%の金額、60000円が

自動車所得税になります。


その自動車が営業用や、軽自動車だった場合は、

120万円の3パーセント、36000円です。


また、自動車を買った金額が50万円以下の場合、

自動車所得税はかかりません。


相続で自動車をもらった場合もかかりません。


あと、車をローンで購入した場合、所有者は、

ローンが終わるまで買った所(ディーラーなど)

になりますよね。


そのローンが終わって、

所有者を自分に変えた場合も取得となりますが、

この場合も自動車税はかかりません。

         

車の税金はいくら払うの?

車の税金の具体的な金額を説明します。

このカテゴリ内の記事


自動車税と軽自動車税
自動車重量税
自動車取得税









Yahoo!ブックマークに登録