Top >  車にかかる税金の種類 >  自動車取得税とは

自動車取得税とは

自動車取得税は、

自動車を買ったときにかかる税金です。


これは軽自動車も同じです。


基本的には、自動車を買ったときにしか、かかりません。


納める人は、「自動車を取得した者」となっています。


例えば、ローンで、ディーラーなどのところから車を買うと、

完済するまでは所有権はディーラーなどですよね。


でも、この場合でも、取得者は買った人になるんです。


この取得税は、自動車を買った金額が50万円以下の場合は、

自動車取得税はかかりません。


また、相続によって自分のものになった場合も

自動車取得税はかかりません。


そして自動車取得税は、

登録する都道府県に納めることになります。


ディーラーなどで、買うときは、

大体、お店の人が手続きしてくれますよね。


その場合、他にもいろいろな手続きをしていて、

よく分からなくなっちゃうと思います。。。


でも、必ず控えがもらえるので、よく確認してくださいね!!


そして、納められた税金は各市町村に割り振られて、

道路を作ることや直したりすることに使われます。。。


主に市町村道を作ったり、直したりすることに使われますが、

一部、国県道にも使われています。


買ったときに支払う自動車取得税で、道が作られていくんですね!!

         

車にかかる税金の種類

自動車税といっても、1つだけではなく、
いろいろあります。
車にかかる税金の種類を分かりやすく、分けて説明します。

このカテゴリ内の記事


自動車税と軽自動車税
自動車重量税とは
自動車取得税とは









Yahoo!ブックマークに登録