Top >  購入時にかかる車の税金 >  新車を買うときの税金

新車を買うときの税金

新車で、車を買うときって、

車本体の値段だけでは買えませんよね。


買うときに本体の値段プラス保険とか、

いろいろな税金を払います。


新車で車を買うとき、

どのような税金を払うのでしょうか。


新車で買う場合にかかる税金は、

自動車取得税・自動車重量税・消費税がかかります。


買った価格の5%(軽自動車は3%)を支払う

自動車取得税ですが、この買った価格というのは

新車の場合、メ?カ?の希望標準価格の90%になります。


でも、カーナビなど、本体以外に追加して一緒に買う場合は、

その金額もプラスされて、合計から税金を計算します。


なので、新車で買うときは、税金の分だけ考えると、

買うときに一緒にいろいろと追加しない方が安く済みます。


あとは自動車重量税。

これは新車で買う場合は、次回の車検は3年後になるので、

3年分を支払います。


この重量税ですが、500?ごとに税額が区切られています。


同じ車でも、グレードなどによって、

総重量が違う場合があります。


その総重量が区切られている500?を超えてしまうと、

税額が全然違ってしまいます。


例えば、同じ車でも、

サンルーフ付きと、サンルーフがない車ってありますよね。


サンルーフがついている車の方が、重くなるので、

その重で区切りを超えてしまう場合、税額が高くなります。


新車を買うときにちょっと覚えておくと

いいかもしれません。


そして、自動車を買う場合は消費税もかかります。


車両本体の価格に消費税(今は5%ですね)

がかかります。

         

購入時にかかる車の税金

車を買うとき、自分で手続きする人は
少ないんではないでしょうか?
車を新しく購入するときにかかる税金を説明します。

このカテゴリ内の記事


新車を買うときの税金
中古車を買うときの税金









Yahoo!ブックマークに登録