Top >  車にかかる税金の種類 >  自動車重量税とは

自動車重量税とは

自動車重量税は、車を新規で登録する時と

車検の時に毎回かかる税金です。


この税金ができたのは昭和46年、

第6次道路整備五箇年計画のための道路財源としてできた税金です。


なんだかよく分からない難しい言葉が。。。


簡単に言うと、車に乗って、道路を走ります。


その道路を直したりして、工事をして利益が出る人も、

自動車を使っている人です。


それならその工事費用など、安定した費用を補うためには

自動車を使っている人に負担してもらおう!!


という感じでこの重量税ができました。


これは国に納める税金で、国税になります。


この自動車重量税、その名の通り、車の重さ→重量によって

金額は変わってきます。


重さも500kgずつ区切られています。


その重さですが、車本体だけの総重量じゃなくて、

その車の定員分の人数を乗せた時の総重量で計算されます。


車検を受けるとき、この重量税を払っていないと、

車検が受けられません。。。


車検の時ってことは、だいたい、2年に1回くらい払いますよね。

でも実は毎年重量税がかかっています。


なので、車検の時に次の車検までの重量税を

前払いで払っているんです。


新車を買った時には、次回の車検は3年後になるので、

買うときに3年分の重量税を払うことになるんです。。


金額ですが自動車重量税は、重くなるにつれて、

高くなります。。


でも、軽自動車と小型二輪だけは定額になっています。

         

車にかかる税金の種類

自動車税といっても、1つだけではなく、
いろいろあります。
車にかかる税金の種類を分かりやすく、分けて説明します。

このカテゴリ内の記事


自動車税と軽自動車税
自動車重量税とは
自動車取得税とは









Yahoo!ブックマークに登録