Top >  ガソリン税のこと >  ガソリン税って?

ガソリン税って?

最近、ガソリン高いですよね。。。


車を走らせるのに必要なガソリン・・・。

(今電気で走る車も開発されているみたいですが)


そのガソリンにも税金はかかっています。


ガソリン税といっても、1つの税金ではなくて、

ガソリンにかかる揮発油税・地方道路税の

2つをあわせてガソリン税といいます。


このガソリン税は国税で、このお金で、

道路の整備や道路を新しく作ったりしています。


ガソリン税は、揮発油税・地方道路税あわせて、

1リットルあたり、28.7円になっています。


でも、租税特別措置法で、2008年3月まで、

1リットルあたり、25.1円プラスされて、

1リットルあたり53.8円になっています。


内訳は揮発油税が1リットルあたり48.6円、

地方道路税が1リットルあたり5.2円です。


2008年4月に、その期限が切れたので、

25.1円分が値下げされましたが、

5月1日からまた、値上げしました。


暫定税率って聞いたことないですか?

暫定税率は、この25.1円分のことだったのです。


でも、値下げされてから、

すぐに税制改正法案が再可決されてしまったので、

翌月からまた25円分が値上げしてしまいました。


さらに、ガソリンは消費税もかかります。


たとえば、1リットル150円のガソリンを、

10リットル入れたとします。


150円×10リットル=1500円。


その中に、揮発油税と地方道路税が

538円かかっているのですが、

その1500円に対して消費税がかかります。


あれ、二重に税金がかかってる?と思いますよね。

今それがちょっと問題になってたりします。


こう考えると、ガソリンにも結構税金がかかっていますよね。

         

ガソリン税のこと

ガソリンにも税金がかかっています。
そのガソリン税のことを説明します。

このカテゴリ内の記事


ガソリン税って?









Yahoo!ブックマークに登録