Top >  車の税金Q&A >  障害者減免の自動車税

障害者減免の自動車税

自動車税は、障害者手帳を持っているか、

また、その家族が障害者手帳を持っている人の為に

通院などに使う場合、自動車税が減免されます。


しかし、5月に自動車税を払ったあと、

次の年の3月までに、変更があった場合は

どうすればいいのでしょうか。


例えば、障害者手帳を持っている人が、亡くなった場合や、

減免を受けている家族が遠くに引っ越して、

その手帳を持っているひとの為に使えなくなった場合です。


平成20年の5月に自動車税を払いました。

(この税金は障害者の減免されていました。)


でも7月にその障害者手帳を持っている人が

亡くなりました。


この場合は、自動車税の減免を受けたときと、

状況が変わりましたよね。


そうしたら、すぐに県税事務所の税務課に

届けなくてはいけません。


でも、残り7月から3月分を支払ってください

ということではなく、減税を受けられなくなるのは、

来年からになります。


なので、次の5月から普通に自動車税を払うことになります。


減免されていない金額の納税通知がきます。


逆の場合もそうです。


5月に自動車税を払って、7月に障害者の減免申請を

出した場合、その年は減免されません。

減免されるのは、次の年からの自動車税になります。

         

車の税金Q&A

このような時はどうなる?
ちょっとした疑問にお答えします。

このカテゴリ内の記事


障害者減免の自動車税
所有者を変えた時の自動車税
営業車と商用車って違うの?
営業車の税金はなぜ安いの?
税金の納税証明書を失くした
年度の途中で車を手放すとき
年度の途中で車を買ったとき
3月登録の自動車税は?









Yahoo!ブックマークに登録