Top >  車にかかる税金の種類 >  自動車税と軽自動車税

自動車税と軽自動車税

車の税金といえば自動車税と、

まず思う人が多いんじゃないでしょうか?


この自動車税というのは、

4月1日時点で車を持っている人に対して、

5月頃に請求書が送られてくる、あれです。


毎年5月になると、今年もこの時期が来たなぁって

思いますよね。。。


この自動車税は、普通自動車なら都道府県から、

軽自動車なら市町村から通知が来ます。


なので用紙もちょっと違います。。。


普通自動車なら、クリーム色に緑の文字、

軽自動車ならクリーム色に茶色の文字です。


気になる金額なんですが、

その車の排気量によって違ってきます。

ナンバーは関係ないんです。


あと、自家用か、営業用かによっても金額は変わります。

(営業用の方が安いんです)


また、自動車税は月賦制度っていうものがあります。


これは、もし自動車税を払って、途中で買った場合や廃車にした時、

県外に登録を変更したときなどに、月割りで戻ってくるんです。


4月1日以降、新しく車を買った場合は、

登録の次の月から3月までの月数を12で割った金額を納めます。


納めた後、車を廃車などした場合は、納めた金額から、

4月から廃車にした月までの月数で数えて月割分戻ってきます。。


この制度は、軽自動車にはないので、注意してくださいね!!


でも、例えば、自動車税を支払って、

次の3月までの間に所有者を変えた場合は、どうなるんでしょう?


この場合、その年は、4月1日の時点での所有者に納税義務があるので、

新しい所有者の方は次の年から払うことになります。


知っておきましょう。

         

車にかかる税金の種類

自動車税といっても、1つだけではなく、
いろいろあります。
車にかかる税金の種類を分かりやすく、分けて説明します。

このカテゴリ内の記事


自動車税と軽自動車税
自動車重量税とは
自動車取得税とは









Yahoo!ブックマークに登録